シェアする

Photonを使い倒すなら Photon Server!

Photon Serverは、ご自身のサーバーにインストールしてお使いいただくミドルウェア型のサービスです。
サーバーSDKのアプリケーション部分はソースコードも提供しているので、自由にカスタマイズすることも可能です。
また、プラグイン形式での開発も可能になったことで、カスタマイズがより簡単になりました。
Windowsが動く環境であれば簡単に利用できます。
こちらも無料での利用もできますので、ぜひお試しください。

  • ミドルウェア型
    ミドルウェア型
  • サーバーのカスタマイズ可能
    サーバーのカスタマイズ可能
Photon Server対応OS
Windows 7, 8, 8.1, 10/Windows Server 2008, 2008R2, 2012, 2012R2

サーバー内部構造

Photon Server V4で新たに実装された機能

HTTP(S)サポート

  • トランスポートとしてHTTP(S)が利用可能に
  • HTTP(S)しか通らないような厳しいネットワーク環境でも利用する事が可能
  • もちろん従来からのUDP/TCP/Websocketもサポート
  • HTTP(S)しか通らない環境向けにご利用ください

アプリ構造のリニューアル

  • Lite/LoadBalancingの2つから、MMO/LoadBalaningの2つに
  • Pluginサポート
    • 今まではカスタマイズする際にはアプリ全体をカスタマイズする必要があったが、Pluginの開発だけでカスタマイズの対応も可能に
    • PluginならPrivate Cloudへの移行も容易
    • 今まで通り全体のカスタマイズもできます

Turnbasedで実装されていた新機能

  • Webhooks/WebRPC
    • イベント発生時に外部のWebサービスを呼び出す
    • これによりPhoton Serverに手を入れることなしにサーバー側のロジックカスタマイズも可能
  • クラウドセーブ
    • ルームの情報をサーバーに一時的に保存する機能
    • ルーム全員が抜けてもゲームの状態をキープできる

カウンタ関連リニューアル

  • いままでは独自のカウンタとWindowsのパフォーマンスカウンタを併用
  • V4よりパフォーマンスカウンタに集約
  • Windows標準機能を柔軟に利用することが可能

Photon Serverの動作イメージ

Photon Serverの構成例

  • 5000CCU

    5000CCU
  • 10000CCU

    10000CCU

1ルーム・1秒につき200メッセージ程度の一般的なゲームの場合は下記の構成で1000~2000CCU程度捌くことが可能です。

  • クアッドコアCPU(Xeon 3440, E3-1230等)
  • 4 GB RAM
  • 1 Gbps (アップリンク)

こちらはあくまでも参考値です。実際に負荷テストを実施いただき測定いただく事を推奨いたします。

アプリクラウド Photon日本運営事務局 推奨環境